千代田区で自殺した男性巡査長は誰?動機は在日朝鮮人?

速報トレンド

7月8日の未明に東京都千代田区で警察官が自殺しているところを通りがかりの男性から通報がありました。

駆け付けたところ千代田区富士見の道路脇で男性が血だらけで倒れていました。

 

ではこの事件の詳細をみていきます。

千代田区で警官が自殺!その動機は?

自殺を図ったのは第五機動隊に所属する25歳の男性巡査長です。

発見当初は頭から血を流してあおむけの状態で倒れていました。

その後病院に搬送されましたが18時間後に死亡が確認されました。

 

現場には1発発射された形跡が残っており頭を貫通したものとみられています。

ただ銃弾はいまだ発見されていないようです。

自殺を図った動機は?

自殺を図った動機ですが明らかになっていません。

ただ巡査長は7月朝から朝鮮総連の警備に当たっており事件が発生しました。

警備のストレスなどが考えられますが真相はまだ闇の中です。

警察側のコメントは?

警察側のコメントは

誠に遺憾であり再発防止に努めます。

としています。

 

自殺を図ることに関して再発防止は厳しいと思うのですがどうするのでしょうかね…。

千代田区の男性巡査長の自殺について世間の声は?

確かに銃声はしているので誰かが気づいてもおかしくありませんよね。

千代田区で自殺した男性巡査長は誰?動機は在日朝鮮人?まとめ

警察官が自殺というなんとも珍しい事件が起こってしまいました。

朝鮮総連の警備に当たっていたということで日常の警備から何かしらのストレスがあったのでしょうか。

誤射というのは考えづらいので何かしらの要因がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました