岡山県勝央町南光荘で虐待をした職員22人の名前や画像は?

速報トレンド

岡山県勝央町の老人ホーム「南光荘」で職員22人が入所者に虐待を行っていたことが明らかになりました。

南光荘で行われていた虐待についてとその職員22人の名前や顔写真についても見ていきます。

「南光荘」で入所者に虐待。その経緯は?

まず南光荘で虐待が行われていた経緯についてみていきます。

今年2020年の3月に施設から警察署の方へ

虐待が行われている

と連絡がありました。

 

その連絡を受け警察が職員に事情を聴取したところ、腹部をひもで縛ったり部屋に閉じ込めたりと散々だったそうです。

また腹部をひもで縛るという虐待は22人の職員が11人の入所者に行っており、なんと1年間にわたって繰り返し行われていたということです。

 

他にも明るみに出ていないだけで酷い虐待の事実がありそうですね。

虐待をした南光荘の職員の対処は?

どんな理由があったにせよ虐待は許されるものではありません。

虐待を行った職員22人の対処はどうなったのでしょうか。

 

22人全員に処罰があったかどうかは明らかになっていませんが、入所者への対応を指示していた介護主任を含む4人が今年2020年の4月に解雇処分されています

残りの18人については一切情報がありませんでしたが何らかの処罰は受けているものと思われます。

 

今回の虐待騒動を受け施設長は

2度とこのようなことがないように介護サービス向上に努める

としています。

 

1度目を防ぐために万全の対処をするのが普通だと感じますが危機管理能力が欠けているのでしょうか…。

虐待をした南光荘の職員22人の名前と顔写真は?

ここまでひどい虐待をした南光荘の職員22人ですが名前や顔写真は一切公開されていませんでした。

一般人であり無断で公開するのは法律違反なのでしょう。

 

しかしこのような虐待を1度でもしてしまうと再犯の確率が大きく上がります。

何とか介護に関する仕事に就けないような処罰にしてほしいものですね。

 

そして解雇された4人は不当解雇として裁判所に労働裁判を申し立てているとのことです。

虐待で解雇されたのに不当解雇と訴えるのは流石に無理がありますよね。

南光荘での虐待騒動についての世間の声は?

岡山県勝央町南光荘で虐待をした職員22人の名前や画像は?まとめ

今回の南光荘での虐待騒動で多くの非難の声が溢れかえっています。

勿論許される行為ではないのでしっかり反省してほしいものですね。

 

また虐待に関しては何年も前から問題になっており幾度となく謝罪、対処が行われてきました。

それなのにいまだに虐待が絶えないというのはやはり危機感の無さからくるものだと感じます。

「まさか自分の施設は大丈夫だろう」「特殊な例だろう」と軽く見ている施設が多くある結果がこれだと思います。

 

何回も繰り返されてきた虐待を根本から無くすのは不可能な話だというのは今回でよくわかりましたよね。

しかし不可能なら不可能なりに対策を練っていくべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました